耐震・劣化診断/法定点検

INSPECTION

アスベスト調査

注意

0.1%を超えるアスベストを含む吹付け材が、
粉塵を飛散、ばく露の恐れがあるときは対応措置が必要!

アスベストの歴史

1955年
(昭和30年)
アスベストが建物の耐火被覆材として使用され始める。
当時はアスベストしか資源がなかった為、吹き付けでなければならないという法律。
1975年
(昭和50年)
『特定科学物質等障害予防規則』改正により吹き付けアスベスト5%以上禁止。
1980年
(昭和55年)
アスベスト含有ロックウール、日本石綿協会の自主規制により製造禁止。
1995年
(平成7年)
吹き付けアスベスト禁止。
2004年
(平成16年)
含有率 1%を超えるアスベスト製品の禁止。
2006年
(平成18年)
含有率 0.1%を超えるアスベスト製品の禁止。
2008年
(平成20年)
2008年2月より
アスベストの種類は全部で6種類と規定され、規制対象となっています。 従前の クリソタイル(白石綿)、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)に加え、アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトの計6種類すべてのアスベストが調査対象です。